仕事を減らすような仕事

 

おおむね晴れ。27度。

6時に起きる。

朝餉は、バナナとヨーグルトのジュース、切り干し大根、キャベツとレタス、パプリカ、キュウリ、コーン、カニカマのサラダ、味噌汁(人参、玉ねぎ、小松菜、豆腐、エノキ)、ハムと目玉焼き、トースト、アールグレイ。食後にコーヒー。

AppleがWWDCでOS群の年次アップデートを発表した。iOSからiPadを離脱させてiPadOSを作った。iTunesを3つに分けてそれぞれに機能を盛り込んだ。どうだ、仕事はちゃんとやっているぞ、というわけだ。

細分化して、あれこれ加えていく。次から次へ応えていく。不満が尽きることはない。仕事もそうやって増えていく(あなたも、でしょう?)。Appleも同じになってしまったらしい。

スティーブ・ジョブズは許さないだろう。あっちこっちでそんな声が上がっている。そうかもしれないが、そうでないかもしれない。

コーディングが10分の1で済ませられる、iOSアプリがボタン1個でmacOS用に変換できる――確かに、そういう話しには膝を乗り出しそうな人だった。Appleは、細分化しつつ同時に省エネルギーを求めている。

誰も取り上げないが、今回いちばんのトピック。すべての操作を音声だけでコントロールできるようにした。これには喝采を。Siriはもっと早くにそうなっているべきだった。恩恵に与る人は、想像をはるかに超えてたくさんいる。

昼餉は、抜き。

9キロをジョグ。砂埃。

女房が自己嫌悪の声を上げる。どこにしまっておいたものか。アンティーク調のウォールランプを手に、けっこうな金額の領収書にため息をついている。彼女が買ったものらしいが、よくぞそんな金を払ったものだ。

慰めるつもりはなかったが、それを壁に掛けてスイッチを入れたら、複雑できれいな模様があらわれた。

オマヌな買い物選手権は、相変わらず、絶賛開催中だ。

夕餉は、納豆、卵豆腐、キムチ、味噌汁(人参、小松菜、玉ねぎ、揚げ)、あん掛けハンバーグ、玄米ご飯、赤ワイン。

 

f:id:Tosshy:20190605092800p:plain